バラクーダネットワークス 日本オフィシャルサイト

Load Balancer ADC | もったいないと思っていた社内システムにも最適

もったいないと思っていた社内システムにも最適

サーバの負荷分散や冗長構成として、ロードバランサを検討される方が多い中、専門知識が必要で、さらに高額な製品が多く、導入に踏み切ることがむずかしいと思われがちなロードバランサ。Barracuda Load Balancer ADCは、冗長構成で定価100万円以下(モデル340の場合)、ロードバランサ市場の最低価格に挑戦!日本語GUIでネットワークに関する専門的な知識がなくても簡単にセットアップが可能で、導入に二の足を踏んでいた社内システムの負荷分散にもご利用頂けます。

Barracuda Load Balancer ADC はこんな方におすすめです

サーバーの負荷分散を簡単に行いたい
サーバーの負荷分散を簡単に行いたい
専門スキルがなくても運用できる製品を探している
専門スキルがなくても運用できる製品を探している
導入コストを少しでも抑えたい
導入コストを少しでも抑えたい

Barracuda Load Balancer ADC が選ばれる理由

1時間でできる簡単な設定

長時間にわたる設定や、高度な技術が必要とされるイメージがまといつくロードバランサ。Barracuda Load Balancer ADCなら、高度なスキルは必要ありません。最小設定なら設定はたった3ステップ(レイア4 - クライアントIPによる負荷分散の場合)。1時間もあればセットアップが終了、自社構築されるお客様も多数いらっしゃいます。
1時間でできる簡単な設定

ロードバランサの常識を打ち破る驚きの価格

一般的に高価なイメージのあるロードバランサ。他社製品の年間保守にも満たない価格なので、他社製品からリプレースされる実績も多数あります
ロードバランサの常識を打ち破る驚きの価格

Barracuda Load Balancer ADC の負荷分散方式

重み付け最小コネクション

各リアルサーバが保持しているオープン・コネクション数を計測し、コネクション数の少ないサーバへアクセスを割り振ります。
重み付け最小コネクション

重み付けラウンドロビン

クライアントからのアクセスを順番にサーバへ振り分ける各サーバの性能差が無く、処理時間も比較的一定の場合に有効です。
重み付けラウンドロビン

Barracuda Load Balancer ADC のセッション接続方式Barracuda Load Balancer ADC は様々なパターンに対応できるセッション維持方式がお選びいただけます。

クライアント送信元IP

クライアントの送信元IPが同一である場合に、分散先のサーバを毎回同じとします。

Cookie

Loead BalancerでCookieを挿入し、一度サーバへアクセスしたクライアントはブラウザを閉じるまで同一サーバへ割り振られるようにします。*モデル340以上で利用可

パラメータ/ヘッダ

アプリケーションサーバが発行するURLパラメータ、またはヘッダ情報を参照し、同一サーバへ割り振られるようにします。*モデル340以上で利用可

ヘルスチェック

様々なアプリケーションに対応 ●DefaultPingorポートチェック ●HTTP HTML返り値をチェック ●DNS FQDNで正引きチェック ●IMAP ログインをチェック ●POP ログインをチェック ●SMTP バナーチェック ●SNMP レスポンスチェック ●AlwaysPassチェックを行わない

Barracuda Load Balancer ADC の主な機能Barracuda Load Balancer ADC340以上のモデルでは、アプリケーションデリバリ機能とアクセラレーション機能が搭載され、
Webサーバの負荷分散に必要な機能を搭載しております。

SSLオフロード

HTTPSコネクションに対するSSLのデータ暗号化・復号化をロードバランサで処理することで、Webサーバの処理能力を向上します。*モデル340以上で利用可
SSLオフロード

TCPプーリング

TCPコネクションを一定数確立し、それを使いまわすことでコネクションを軽減します。
TCPプーリング

HTTPトラフィックの圧縮

クライアントからのリクエストに対する、Webサーバからのレスポンスを圧縮し、データ転送速度の向上します。 *モデル440以上で利用可
HTTPトラフィックの圧縮

HTTPキャッシュ

クライアントからのリクエストが多いコンテンツをロードバランサ上でキャッシュすることで、レスポンスを向上します。*モデル440以上で利用可
HTTPキャッシュ

コンテンツルーティング

URL、HTTP headerの情報を元に実サーバへ ルーティングします。*モデル340以上で利用可
コンテンツルーティング

グローバルロードバランシング

GLSBコントローラが該当ドメインのDNSとなりクライアントIPを 地域IP DBから検索し最適な地域サイトのIPを応答を返します。*モデル440以上で利用可
グローバルロードバランシング

Barracuda Load Balancer ADC の導入構成Barracuda Load Balancer ADC は目的に合わせて、2パターンの構成が可能です。

ルートパス

VIPで開いたポートのみを開放、実サーバのセキュリティも向上。さらにLoad Balancer ADCの機能をフルで使用可能です。実サーバにプライベートアドレスを使用できます。
ルートパス

ワンアームプロキシ

ネットワーク構成を大きく変更する必要がなく、実サーバにプライベートアドレスを使用可能です。Full NATが利用できます。
ワンアームプロキシ